ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

弘法大師の高徳を偲ぶ法要【不空院 御影供】(奈良市)

奈良市高畑町の春日山の麓にある不空院はその名が示す通り、春日山を背に不空羂索観音を本尊とする真言律宗の古刹です。

「大乗院寺社雑事記」などによりますと、不空院には奈良時代、中国から渡来された鑑真和上が住まわれたとの記述が残っています。
また、平安時代・弘仁年間(810‐824年)弘法大師空海が、興福寺南円堂のひな形として、ここ不空院に八角円堂の建立を提案し、願文を書かれたと言われています。

春日の杜から高円山へと続く門前の小道には、今も古き奈良の風情が残っています。
ここに足跡を残された弘法大師(空海)にちなみ「福井之大師」とも呼ばれており、「女人救済の寺」としても知られています。

4月21日(土)に行われる「御影供」は、この地に住まわれた弘法大師の高徳を偲ぶ法要です。

f:id:revival2018:20180418174933j:plain

【概要】
開催名:御影供
開催期間:2018年(平成30年)4月21日(土)
開催場所:不空院本堂
所在地:〒630-8301 奈良市高畑町1365
料金:[一般参加]ご予約でお供物、お接待付 1,500円。当日参加は、お供物のみ 1,000円
お問い合わせ先:0742-26-2910 (不空院)
公式サイト:南都春日山 不空院|真言律宗 福井の大師
交通アクセス:JR奈良駅または近鉄奈良駅より奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「破石町」下車、東へ徒歩約10分
駐車場:無し

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奈良ホテル オリジナルカレー&ポタージュセット≪送料込≫
価格:5400円(税込、送料無料) (2018/4/18時点)