ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

数々の寺宝を公開!安倍文殊院「金閣浮御堂霊宝館 寺宝展」(桜井市)

奈良県桜井市の安倍文殊院は、天橋立の切戸文殊、山形の亀岡文殊とともに、日本三文殊の1つに数えられています。

創建は安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)と伝えられていて、当初は崇敬寺と呼ばれていました。本尊の文殊菩薩像(国宝)は快慶の作で、宋様式の傑作と伝えられ、高さは7mあり、文殊菩薩では日本最大です。

広い境内には、数々の史跡や建造物が建っています。本堂のやや東には、きわめて精巧な切石で築かれた石室をもつ文殊院西古墳があり、国の特別史跡に指定されています。ほかに文殊院東古墳もあります。

「金閣浮御堂霊宝館 寺宝展」では大変貴重な機会で、安倍仲麻呂公及び安倍晴明公の御尊像が祀られている、金閣浮御堂の内陣参拝ができます。堂内には晴明公の御軸や陰陽道に関する古文書、季節によって数々の寺宝を展示しています。

f:id:revival2018:20180409131732j:plain

【概要】
開催名:金閣浮御堂霊宝館 寺宝展
開催期間:2018年(平成30年)3月1日(木)~5月31日(木)、6月1日(金)~8月31日(金)
開催時間:9:00 ~ 17:00
会場:安倍文殊院
所在地:〒633-0054 奈良県桜井市阿部645
料金:霊宝館・本堂それぞれ中学生以上700円、小学生500円 ※2ヵ所共通拝観券 中学生以上1200円、小学生800円 ※その他詳細はお問合せのうえ、ご確認下さい。
お問い合わせ先:0744-43-0002
公式サイト:安倍文殊院
交通アクセス:
JR万葉まほろば線&近鉄大阪線「桜井駅」より
・タクシー5分
・徒歩20分
・奈良交通バス「飛鳥資料館前」行き、または「石舞台」行き乗車、「安倍文殊院前」下車、徒歩1分
駐車場:300台(乗用車 500円、バス 2,000円)