ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

飛鳥資料館【2018年度春期特別展 「あすかの原風景」】(明日香村)

飛鳥時代の遺跡と農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。

この歴史的風土を守るため、人々が立ち上がってから、ほぼ半世紀が経ちました。
この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人口構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色がうつりかわってきています。

江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳の高まりなどが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本ではあたり前の農村の景色が広がっていました。
近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。

今回の展覧会では、これらの地図や古写真などの貴重な資料をもとに、明治時代から昭和前半にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。
この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。

【概要】
展覧会名:2018年度春期特別展「あすかの原風景」
開催期間:2018年(平成30年)4月27日(金)~7月1日(日)
休館日:毎週月曜日[4月30日(月・振休)、5月1日(火)とも開館]
開催時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
会場:飛鳥資料館 特別展示室
所在地:〒634-0102 奈良県高市郡明日香村奥山601
入館料:
一般270円(170円)、大学生130円(60円)、高校生及び18歳未満、65歳以上は無料(年齢のわかるものが必要です)※( )は20名以上の団体
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
協力:入江泰吉記念奈良市写真美術館
後援:文化庁、明日香村、近畿日本鉄道株式会社
お問い合わせ先:TEL 0744-54-3561 FAX 0744-54-3563
公式サイト:春期特別展「あすかの原風景」 | 特別展・企画展 | 飛鳥資料館|公式サイト
交通アクセス:
・近鉄南大阪線&橿原線&吉野線「橿原神宮前駅」または吉野線「飛鳥駅」から「明日香周遊バス(赤かめ)」で明日香奥山・飛鳥資料館西下車。
バスの時刻表は奈良交通公式ホームページにてご確認ください。
運賃:橿原神宮駅東口から280円 / 乗車時間 約20分 飛鳥駅から350円 / 乗車時間 約30分
・JR万葉まほろば線(桜井線)&近鉄大阪線「桜井駅」から奈良交通バス「37系統:石舞台」行き乗車、飛鳥資料館下車。
詳細は奈良交通公式ホームページにてご確認ください。
運賃:380円 / 乗車時間 約15分
駐車場:無料(普通車11台)

 f:id:revival2018:20180406170536j:plain

f:id:revival2018:20180406170626j:plain