ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良国立博物館「創建1250年記念特別展 国宝 春日大社のすべて」

神護景雲2年(768)に、平城京の東郊、御蓋山(みかさやま)の西麓に位置する現在の場所に建立された春日大社は、本年創建より1250年を迎えます。

今回の展覧会では、平城京の鎮護として創建され、藤原氏の氏の社として発展し、朝廷から庶民に至るまで広く信仰を集めた春日大社の歴史をたどり、多くの社宝や関連作品により、その全容を示されています。

かつて春日大社の東西塔の建っていた、ゆかりの地である奈良国立博物館で、悠久の歴史と信仰の育んだ美の世界に浸ることのできる展覧会となります。

【概要】
開催期間:2018年(平成30年)4月14日(土)~ 6月10日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(金・土曜日は午後7時まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 ※ただし4月30日(月・振休)は開館
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50番地
観覧料:
[当日]一般1,500円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円
[前売・団体]一般1,300円、高校・大学生800円、小・中学生300円
※ 前売券の販売は、3月14日(水)から4月13日(金)までです。
※ 団体は20名以上です。
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※ この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
出陳品:224件(うち国宝57件、重要文化財47件)
記念講演会:4月14日(土)「御創建1250年 春日大社のすべて」 花山院弘匡氏(春日大社宮司)
公開講座:
・4月21日(土)「春日権現験記絵と解脱房貞慶」高橋悠介氏(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫准教授)
・5月12日(土)「春日大社伝来甲冑の特質」宮崎隆旨氏(元奈良県立美術館長)
・5月26日(土)「春日をめぐる神仏と造形」清水健(当館学芸部工芸考古室長)
関連フォーラム:
「まほろばの神と仏と祈り」 関連フォーラム 「まほろばの神と仏と祈り」
・日時:4月30日(月・振休)午後1時30分~4時30分(午後1時受付開始)
・会場:奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
・定員:400名 聴講無料
お問い合わせ先:TEL/050-5542-8600 FAX/0742-26-7218
公式サイト:国宝 春日大社のすべて|奈良国立博物館
交通アクセス:
・近鉄奈良駅下車、登大路を東へ徒歩約15分
・JR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
駐車場:専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。

f:id:revival2018:20180405192956j:plain