ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

はじまりの地・橿原に春の訪れを告げる「平成30年春の神武祭」in 橿原神宮

奈良県橿原市の橿原神宮にて、新しい季節の到来を告げる「春の神武祭」が開催されます。橿原神宮は、この地にゆかりの神武天皇を祀るために民間有志の請願により、明治天皇が明治23年に創建された神社です。

「春の神武祭」は、毎年4月初旬(4月3日が神武天皇崩御の日とされる)に行われる橿原市を代表する祭りで、地元では「神武さん」の愛称で親しまれています。今年は、「はじまりの地で捧げよう」をテーマに第一代神武天皇をお祀りする橿原神宮とその周辺を会場に、地域の皆様が創り上げ、県内外の多くの方々に親しんで参加してもらうことを目標に開催されます。

期間中は、様々なイベントが予定されています。7日の開会式オープニングコンサートでは、地元の県立畝傍高等学校音楽部が美しい歌声で合唱を披露されます。その他、伝統芸能桃俣獅子舞、オカダユータのライブステージ、更にはこの日のメインステージでもある「かしはら寄席」には桂文枝による落語を楽しむことができます。
翌8日は、県立橿原高等学校学生による吟詠剣詩舞部、LUV K RAFTによるライブステージ、そして、メインステージには海上自衛隊舞鶴音楽隊によるダイナミックな演奏が披露されます。

その他にも、モーターショーの展示や『Pepperとあそぼう』コーナー、トリックアートの展示と盛り沢山な内容となっています。そして、昨年好評だった『フードマルシェ㏌神宮』の森に加え、朝市やカフェ、スイーツ、手作り体験ができる『ふれあいマルシェ㏌表参道』が加わり、例年よりも一層、会場が賑わいます。
また、恒例の参道パレードは8日13:30~ジェイテクトアリーナ奈良をスタートし、約1キロの距離を約2500人が参加し盛り上げます。バトントワリングやマーチング、また雅な衣装に身を包んだ古代衣装は、パレードを一層華やかにします。

【概要】
開催名:平成30年春の神武祭
開催期間:2018年4月7日(土) ~ 2018年4月8日(日)
開催時間及びスケジュール:
10:00~16:00(8日/~16:30)
開会式/7日11:00~
ステージイベント/7日11:00~16:00・8日10:00~16:30(開催日によって時間がそれぞれ異なる)
フードマルシェin神宮の森/7日10:00~16:00・8日10:00~16:30
参道パレード/8日13:30~
ふれあいマルシェin表参道/7日10:00~16:00・8日10:00~16:30
開催場所:橿原神宮及びその周辺
所在地:〒634 - 8550 奈良県橿原市久米町934
お問合わせ先:0744-20-1123(一般社団法人橿原市観光協会)
料金:入場無料
お申込みについて:不要
公式サイト:
平成30年春の神武祭 | 一般社団法人橿原市観光協会サイト さらら
橿原市/平成30年春の神武祭
御奉賛について(神武天皇祭)|橿原神宮
交通アクセス:近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前駅」下車、徒歩約10分
駐車場:あり(当日は非常に混雑しますので、公共交通機関をご利用ください)

f:id:revival2018:20180329102803j:plain