ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

法華寺【十一面観音菩薩立像 <国宝> 特別開扉】

奈良市の平城宮跡近くにある法華寺は、聖武天皇の皇后である光明皇后の発願により、光明皇后の父藤原不比等の邸宅跡に総国分尼寺として建立されました。
毎年、春には法華寺の本堂に安置されている十一面観音像(国宝)が特別開扉されます。
絶世の美女で、菩薩のごとく慈悲深かった光明皇后のお姿を彫り上げたと伝えられ、長い右手や動きのあるポーズ、特徴的な蓮華光背など、仏教彫刻としても優れています。また、なまめかしさをもただよわせる平安初期の仏像です。

f:id:revival2018:20180323222726j:plain

【概要】
開催期間:2018年(平成30年)3月20日(火)~ 4月7日(土)
開催時間:9:00~17:00(閉門は17:00)
開催場所:法華寺
所在地:〒630‐8001 奈良県奈良市法華寺町882
拝観料:大人1000円、中学生700円、小学生400円
お問い合わせ先:(法華寺)0742-33-2261
公式サイト:光明宗 法華寺
交通アクセス:
・「JR奈良駅西口」または「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「大和西大寺駅」行き乗車、「法華寺」下車徒歩3分
・近鉄「大和西大寺駅」北口バス乗り場より奈良交通バス「JR奈良駅西口」行き乗車、「法華寺」下車徒歩3分
・近鉄「新大宮駅」より徒歩約20分