ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

1300年を超える歴史をもつ【県指定無形民俗文化財 奥田の蓮取り行事】(大和高田市)

7月7日、七夕の日、大和高田市奥田の弁天神社にて、1300年を超える歴史をもつ「蓮取り行事」がおこなわれます。 この行事は室町時代から連綿とおこなわれてきた吉野山金峯山寺(きんぷせんじ)における「蓮華会(れんげえ)」の一連の行事であるとともに、役…

ひっそりと佇む美しい小塔【興福寺「三重塔特別公開」ならびに「弁才天供」】(奈良市)

7月7日、奈良市の世界遺産・興福寺にて、「三重塔特別公開」ならびに「弁才天供」が執り行われます。 三重塔内に安置されている窪弁財天像と国宝三重塔の内部が拝観できます。繊細で、いかにも女性の優しさがただよう美しい小塔です。観音霊場の賑わいと南円…

本坊大広間100畳の空間に作品が揃う【東大寺本坊 三好和義写真展 「天平の楽園・東大寺と正倉院」】(奈良市)

奈良市の東大寺にて、東大寺の仏像や行事、四季折々の風景をテーマとした、写真家の三好和義さん(59)の写真展「天平の楽園・東大寺と正倉院」(同実行委員会主催)が7月3日から、同寺本坊大広間で13日まで開催されます。 三好さんは、宮城県多賀城市で開かれて…

繊細華麗な作品を展観【大和文華館「特別企画展 大和文華館の日本漆工-特別出陳:酒井抱一下絵・原羊遊斎作蒔絵作品-」】(奈良市)

奈良市にある、近鉄グループの文化事業である大和文華館では、7月6日(金)から8月19日(日)まで、「特別企画展 大和文華館の日本漆工-特別出陳:酒井抱一下絵・原羊遊斎作蒔絵作品-」が開催されます。 漆を用いた工芸は東洋で長い歴史を誇ります。つ…

信貴山朝護孫子寺【「毘沙門天王秘仏御開扉」「毘沙門天王御出現大祭」「信貴山 燈火会」】(平群町)

信貴山は、日本で最初に毘沙門天王が現れた場所といわれており、毎年7月3日、朝護孫子寺では、毘沙門天王に百味のお供えが施され、徹夜詣り(てつやまいり)が行われます。その前後の期間には、秘仏毘沙門天王尊像が特別開扉されます。 今から1400余年前、聖…

響き渡る風鈴の音色が心地よい【おふさ観音 風鈴まつり】(橿原市)

橿原市の「おふさ観音」では、毎年夏になると2ヶ月間にわたり「風鈴まつり」を開催します。 境内には2,500を超える風鈴が吊り下げられ、それらが夏風に揺られて、涼やかな音色を一斉に奏でる様子は、まさに圧巻。味わった人にしか分からない感動があります…

古刹を巡り、蓮の花を愛でる【奈良・西ノ京ロータスロード(2018)~蓮とご朱印めぐりを楽しむ旅~】

奈良西ノ京の蓮の花が美しいことで知られる西大寺、喜光寺、唐招提寺、薬師寺の四ヶ寺で蓮の花が咲き誇る時期に巡ってみませんか。特別ご朱印付きの共通拝観券を販売されています。 蓮は仏教では神聖な花とされ、毎年お寺に相応しい花として南都の夏を彩りま…

「暴風洪水がおこらない様に」との祈りを込める大祭。迫力ある花火の奉納も見応えあり【龍田大社 風鎮大祭】(三郷町)

天武天皇(675年)の御代に始まったと伝わり、1300年の歴史を誇る「風鎮大祭」が、奈良県生駒郡三郷町の龍田大社で斎行されます。 例大祭と同じ意味合いのお祭りで、年間祭事中、最も重儀です。あらゆる生物が豊かに実るようにとの祈り願いを込め台風や洪水…

多くの動植物を描いた作品を堪能【松伯美術館 上村松篁展「夢見る楽園~下絵や素描から知る松篁の理想世界~」】(奈良市)

奈良市にある、近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2018年6月12日(火)から9月2日(日)まで、「上村松篁展 夢見る楽園 ~下絵や素描から知る松篁の理想世界~」を開催します。 画家の上村松篁(うえむらしょうこう)は、幼少の頃から、…

観光や生活など、奈良の情報をアプリで手軽にチェック【ナラプラス】

―毎日にプラス奈良を― 奈良県のニュースをいち早くあなたにお届け。県内のニュース、イベント情報をプッシュ通知により素早くお知らせします。暮らしの情報や地域イベントなど奈良県の様々な情報を毎日更新。いつも見るニュース・情報と共に、奈良の大切な情…