ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

自然の恵みと健康を祈る【弘仁寺 黄金ちまき会式】(奈良市)

奈良市の弘仁寺にて、「黄金ちまき会式」が行われます。 この行事は、虚空蔵菩薩の縁日に当たるこの日に黄金色のひもで結び、かしわの葉で作った厄除けのちまきを本尊の虚空蔵菩薩に供え、自然の恵みと健康等を祈る会式です。 本尊の虚空蔵菩薩の前で祈念し…

鑑真和上を偲ぶ【唐招提寺 開山忌舎利会】(奈良市)

唐招提寺の開祖、鑑真大和上の命日(6月6日)にちなみ、鑑真大和上が請来した舎利を奉り、その遺徳を偲ぶ行事が行われます。 白い可憐な瓊花の季節が終わると、境内は夏を迎えます。境内の木々の緑はその色をまし、白や淡いピンクの蓮、さらに菖蒲が境内の池…

五穀豊穣・無病息災を祈願【漢國神社 鎮華・菖蒲祭】(奈良市)

奈良市の近鉄奈良駅近くにある「漢國神社(かんごうじんじゃ)」で、五穀豊穣を祈る「菖蒲祭」が行われます。 この行事は、元々は平安時代に宮中で菖蒲や蓬(よもぎ)を飾り付け、不浄を払って邪気を避ける儀式「菖蒲の節句祭」です。江戸時代になって「菖蒲…

足腰の病に霊験あらたかな秘仏【談山神社 談峯如意輪観音菩薩坐像特別公開】(桜井市)

奈良県桜井市の「談山神社」は、藤原鎌足の遺骨を摂津国阿威山からこの地に改葬し、鎌足の長男定慧が木造十三重塔(重要文化財)を建てたことに始まりました。 弟の藤原不比等が神殿を建立し、父の像を安置したとされています。かつては妙楽寺という寺と一体で…

美しいアジサイと閻魔様を拝む【矢田寺 地蔵菩薩立像、閻魔堂特別公開】(大和郡山市)

大和郡山市の矢田寺は、美しいアジサイで知られ、「矢田のお地蔵さん」と親しまれるお寺です。 本尊は特徴ある地蔵菩薩立像(重文)で、右手には錫杖(しゃくじょう)を持たず親指と人さし指で輪をなしたそのお姿は「矢田型地蔵」と呼ばれています。その他、諸…

ならまち一帯で、猫好きによる猫好きのためのイベント「にゃらまち猫祭り」(奈良市)

奈良の旧市街地・ならまち界隈の店舗で開催されるイベント「にゃらまち猫祭り」が、6月1日(金)から7月1日(日)まで開催されます。 14回目となる今年は、50店舗が参加します。猫好きによる、猫好きのためのイベントとして、毎年様々な趣向を凝らして行われ…

普段はなかなか見られない飛行機を間近で見られる「航空自衛隊奈良基地祭 2018」

6月2日(土)、奈良県奈良市の航空自衛隊奈良基地で「航空自衛隊奈良基地祭 2018」が開催されます。普段なかなか見ることのできない基地が、この日限りはお祭りとして入場無料で一般開放されます。 奈良基地は、航空自衛隊幹部候補生学校が配置されている航…

緑に囲まれた仏様【東明寺 本尊薬師如来坐像(重文)特別開扉】(大和郡山市)

大和郡山市の東明寺は、舎人親王開基といわれています。平安時代の作と伝わる本尊の木造薬師如来坐像(重要文化財)が安置されています。 本堂のほかには、鎌倉時代の七重石塔が建ち。矢田丘陵の中腹に位置しています。本堂には本尊のほかに同じく平安時代作…

約3万株の菖蒲が咲き誇る【馬見丘陵公園「馬見菖蒲まつり」】(河合町)

奈良県北葛城郡河合町にある「奈良県営馬見丘陵公園」にて、初夏恒例の「第6回馬見菖蒲まつり」が6月9日から11日まで開催されます。 公園内にある菖蒲園には、約100種で3万本の花菖蒲が咲き誇り、薔薇や紫陽花も見頃を迎えます。 イベント当日は、奈良県…

弥生時代の出土品の魅力を感じられる「唐古・鍵考古学ミュージアム リニューアルオープン」(田原本町)

奈良県磯城郡田原本町の「唐古・鍵考古学ミュージアム」が6月1日(金)にリニューアルオープンします。3月に新たに国の重要文化財に指定されることが決定した「唐古・鍵遺跡」の出土品が、所狭しと展示室に並べられます。 ミュージアムは、3つの展示室で構成…