ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

中将姫を極楽堂へ導く儀式【當麻寺 練供養】(葛城市)

葛城市の當麻寺で毎年執り行われる「練供養」は春の大祭で、中将姫の現身往生を再現する行事です。中将姫は當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生されました。観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽…

入江泰吉記念奈良市写真美術館【入江泰吉「古都奈良の文化財~東大寺・春日大社・春日山原始林」展】&同時開催【上田義彦 FOREST 印象と記憶1989-2017】

【入江泰吉「古都奈良の文化財~東大寺・春日大社・春日山原始林」展】1998年にユネスコ世界文化遺産に「古都奈良の文化財」が登録されて今年で20周年を迎えます。これを機に、世界に誇れる奈良の文化遺産をシリーズ3回に分けて入江泰吉作品で巡る展覧会を開…

江戸時代の風情を残す町並みを味わう【第23回今井町並み散歩】(橿原市)

今も江戸時代の風情を残し、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている橿原市今井町で、毎年5月の第3日曜日に「今井町並み散歩」が行われます。 例年30,000人近くの人が訪れる、注目の行事です。今井町の町並み保存会が中心となり、江戸時代から続く今井町…

【第25回桜のシンフォニー in 蔵王堂~築かれた伝統を一途に、うつろわざる想い~】(吉野町)

奈良県吉野町にある金峯山寺は、飛鳥時代に役行者が開基したと伝えられる寺院です。役小角(えんのおづぬ)を開祖とする修験道(しゅげんどう)の根本道場です。山号は国軸山(こくじくさん)で、宇宙の中心の山という意味を号しています。平成16年には「紀…

地元河合町や和歌山県すさみ町の特産品が集まる【春の産直市】(河合町)

奈良県北葛城郡河合町では、年2回、春と秋に産直市を開催しています。今年の春は、5月12日(土)に開催します。ぜひ、ご家族・ご近所お誘い合わせの上、楽しんでみましょう。 【概要】開催期間:2018年(平成30年)5月12日(土)開催時間:午前10時か…

中将姫の縁のお寺【石光寺 日本最古の石仏開帳】(葛城市)

石光寺は、中将姫の伝説を残す寺として知られています。姫が蓮糸を染めたといわれる染の井と、染めた糸を枝にかけて乾かしたという糸かけ桜があるため、別名・染寺[そめでら]とも呼ばれています。 創建は天智天皇の勅願とされ、日本最古の弥勒石仏が残ってい…

公益財団法人 大和文華館【尾形光琳筆「中村内蔵助像」と人物表現の魅力】(奈良市)

日本絵画の人物表現の豊かな展開が楽しめる展覧会です。 人物画は、花鳥画・山水画と並ぶ東洋の伝統的な画題です。 実在の人物を描く肖像画や、当時の人々の様相を描いた風俗画はもちろんのこと、物語上の架空の人物や、人の姿で表される神仏を題材とした作…

厄除け寺としては日本最古の松尾寺【日本唯一の舎人親王(日本書紀編纂)像 公開】(大和郡山市)

奈良県大和郡山市の松尾寺は、奈良時代の718年(養老2年)、「日本書紀」の完成と自らの42歳の厄除けを祈願した舎人親王(天武天皇の皇子)によって創建されたと伝えられています。 厄除けとしては日本最古のお寺です。「厄除け観音」として本尊木造千手観音…

「コスモス寺」として知られる古寺【般若寺 白鳳阿弥陀仏 寺宝特別公開】(奈良市)

奈良市般若寺町の「コスモス寺」として知られる般若寺で29日から、同寺に伝わる秘仏などの特別公開「白鳳阿弥陀仏 寺宝特別公開」が5月9日まで行われます。 般若寺の創建は、飛鳥時代と伝えられています。寺伝によりますと、629年高句麗の僧慧灌がこの地に寺…

多数の尊像・宝物が特別公開【西大寺 聚宝館(しゅうほうかん)特別公開】(奈良市)

奈良市にある「西大寺」は、称徳天皇の勅願により、常騰を開基として奈良時代の765年(天平神護元年)に創建されました。 創建当時は南都七大寺の一つとして壮大な規模を誇り、広大な寺域に多数の堂塔が建ち並び、東大寺と共に栄えていました。 しかし、846…